あきすとクラフト [akisuto-craft]

History (クイリングの歴史)

 

ペーパークイリング(ペ-パ・ロ-リング、ペーパ・スクローリングともいわれています。)の歴史はかなり古く、古代エジプトが発祥と言われています。15~17世紀にかけて、フランスやイタリアの教会の修道女が本の金の縁(昔の本にはついていたそうです)を羽根ペンに巻き付け様々な形を作り、宗教的用具を装飾したのが始まりだそうです。
18世紀になると、イギリスの若い人々の間で大人気になり、芸術的なクオリティもグンと発達したのがこの時期だそうです。また、クイリングはイギリスからアメリカへと広がり。現在、アメリカでは手軽なクラフトとして定着し、日本でも徐々に人気が出ているペーパークラフトです。


Quillling Paper (紙について)

あきすとクラフト [akisuto-craft]

クイリングでは、リボン状の細長い紙を使います。 これをクイリングペーパーと呼びます。1.5mm〜15mmのバリエーションがあります。よく使われるサイズは3mm,6mm幅のものです。長さは30cm〜60cm程度まで色々あります。
日本製・アメリカ製・イギリス製のものがあり、色も紙質も様々です。


Tools (お道具について)

あきすとクラフト [akisuto-craft]

ペーパークイリング(ペ-パ・ロ-リング、ペーパ・スクローリングともいわれています。)の歴史はかなり古く、古代エジプトが発祥と言われています。15~17世紀にかけて、フランスやイタリアの教会の修道女が本の金の縁(昔の本にはついていたそうです)を羽根ペンに巻き付け様々な形を作り宗教的用具を装飾するために始まったそうです。
18世紀では、イギリスの若い人々の間で大人気になりました。また、クイリングはイギリスからアメリカへと広がり。アメリカでは手軽なクラフトとして定着し、日本でも徐々に人気が出ているクラフトです。